自滅する統一教会

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

「すべては、日本統一教会自身が『ために生きる』という真の愛の精神を失い、お金の亡者になったところから始まった…(本文より)」

今回は最大の危機に瀕する統一運動に回生の知恵を与えんとする忠言をご紹介する(ブログ記事より)

続きを読む

広告

文鮮明 死後 揺れ動く統一教 [新東亜2013年5月号より]

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

新東亜5月号に「文鮮明死後揺れ動く統一教」と題する記事が出された。

1月20日の訴訟停止というお母様の指示をないがしろにする現統一教会指導部、たとえ巧妙な説明で教会員の目はごまかせたとしても、世間の目をごまかすことはできない。

皮肉なことに、お母様を始めとする真の家庭が危機的状況に置かれていることは、お母様の家族であるはずの食口達には見抜けず、かえって外の世間のほうがよく理解しているようだ。食口達よ、目を覚ませ!

続きを読む

日本統一教会幹部の方々への質問状

「日本のブログ記事へリンクします。http://ameblo.jp/gildong/entry-11296439872.html

文顯進理事長を迎えて出版記念会・東京にて開催

「日本のブログ記事へリンクします。http://ameblo.jp/pacificera/entry-11255258337.html

また、ここに敢えて日本統一教会の公式ホームページにある、「真の父母様宣布文実行委員会」公式ページのリンクhttp://trueparents.jp/?page_id=558をお知らせします。

パシセラさんが皆様に呼びかけているように、真実は必ず明らかとなり、そこから決して逃れることはできません。この重要な時期になぜ、また大きなリスクと知りながら、顕進様は日本へ来られるのでしょうか。後天時代を迎えた今、私たち祝福家庭は、誰々の声ではなく、自らが祈り求め、その良心の声に従うべきではないでしょうか。私の行動は、私が責任を負わなくてはなりません。

パシセラ・ブログ記事にあるように、来月初旬、日本の食口の皆様が、顕進様に直接お会いできるチャンスがあります。私たちは、自らの決断として、自らの足で、この目で、この心で、直接に答えを求め、掴んでいくべきではありませんか。

自主的で、自立した、神様と御父母様の願いを代身して歩むことのできる真の祝福家庭を目指して、これを神が与えた再出発の機会として、共に起源節に向かって前進していこうではありませんか!

2006年4月真の家庭会議と文国進理事長のヨイド裁判における証言

「日本のブログ記事へリンクします。http://ameblo.jp/pacificera/entry-11230991525.html

文國進理事長退陣とパークワン問題解決要求集会宣言

「日本のブログ記事へリンクします。http://ameblo.jp/gildong/entry-11226151880.html

緊急ニュース「文国進統一教財団理事長退陣とパークワン事態解決要求集会」

「日本のブログ記事へリンクします。http://ameblo.jp/gildong/entry-11226149692.html