嘘は本部が撒いても誰が撒いても嘘です

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

献金をする以上は、献金がどのような影響を全体に、社会に及ぼすかについて無関心でいることは許されない。事実を無視して上からの情報を無抵抗に信じていればよいという無責任は時代錯誤であるのみならず立派な害悪である。天をおそれる人は事実の前にも謙虚にならねばいずれは天から捨てられてしまう。最近のブログ記事から引用。とくに最後の一行に注目を。

嘘は本部が撒いても誰が撒いても嘘です

http://ameblo.jp/gildong/entry-11537967019.html

当たり前の話です。
再臨摂理を口にする教団が、自らの公式サイトで嘘を撒き散らす・・・

刑事事件で有罪判決を受けた方が全ての制度の上に立つ団体が、
その当人の犯罪を棚に上げて、無実が証明されている方を泥棒呼ばわりする。

以前、大相撲で舞の海が「猫だまし」という技を使ったことがありました。
立ち会いの瞬間に、相手の目の前で両手をパチンと叩いて目を眩まし、
その隙にはたき込みや肩すかしなどのかわし技で相手を倒す・・・

確かに原理は真理であり、文先生が来たるべき方であったことは事実です。
しかし、その事実だけで目が眩んでしまって、その他の沢山の事実を見失えば、
結局、自ら倒れてしまうことになります。

統一家の食口達は、全ての制度の上に立つ方の「猫だまし」の餌食となり、
再臨摂理を空転させた挙げ句、勢いあまって土俵の外目がけて突き進んでいるようです。
嘘や憶測を受け入れる前に、先ず為すべきことは事実の確認でしょう。

事実1:背任罪で告訴されたことは幸いだった(郭先生)

不幸中の幸いだったのは、私が背任罪で告訴されたことです。幸いと言うのも変ですが。
私にもし横領罪があったならば、直ぐにその件で告訴されたでしょう。
2005年から7年が過ぎたが、その間、何の告訴もなかったということは、私に横領事実が全くなかったということを証明しているはずです。
公人として公金に対する内容には自信があります。
裁判で全ての事実が明らかになるでしょう。
信徒対策委員会という所で告訴をして、とんでもないところに損害を負わせています。

郭先生が沈黙を守られた理由(5.25招請懇談会要約・再掲載)
http://ameblo.jp/gildong/entry-11533953482.html

スイス銀行は、昨年7月に、従来の守秘義務を守る方針から、要請があれば口座や預金残高などの情報を開示する方針に転換されています。

事実2:WTA事件で外国為替管理法違反容疑で一審有罪判決、背任罪で刑事告訴されて困っている(金孝律氏および統一教宣教財団)

2012年12月12日、財団法人世界平和統一家庭連合宣教会(以下宣教会財団)と、同財団事務総長金孝律に対する「外国為替取引法違反の刑事事件」の一審宣告公判で、法人と個人の両者が有罪判決を受けた。宣教会財団には、罰金3千万ウォン、違法行為を主導した金孝律には、罰金3千万ウォンのほか追徴金235億ウォン(日本円にて約19億円)という天文学的な金額が宣告された。
宣教会と金孝律の外為法違反刑事事件・一審有罪、追徴金235億
http://ameblo.jp/gildong/entry-11425975599.html

「全ての制度の上に立つ方」が訴訟中断指示を拒否する理由
http://ameblo.jp/gildong/entry-11477504651.html

しかも、現在裁判が進行中の背任容疑は、当初、外国為替管理法違反の罰金刑みが略式起訴により言い渡されたが、その後、刑を不服として控訴したところ、高等裁判所から、背任罪についても公訴するように・・・という、公訴提起決定を受けて起訴され、裁判が開始されたものです。つまり、控訴は完全な「やぶ蛇」になりました。
http://ameblo.jp/zaikanjphujinkai/entry-11537529227.html

このように明々白々に有罪判決が出されているのに、
統一教会ホームページでは、未だにデマだ誤報だと抗議文を掲載している。
名誉毀損で訴えられないのが不幸中の幸い?
「週刊文春」抗議関連

http://www.ucjp.org/?p=9540
・・・宣教会財団がまるで「法律違反」を犯しているかのように断定的に述べ、その捜査が記事の書かれた時点も継続中であると言っています。

しかし、石井氏が当法人に取材依頼(8月28日午後4時)をする以前の8月26日、この件でソウル中央地方検察庁は被疑者である朱東文氏および金孝律氏に対して、いずれも「嫌疑なし」として不起訴の判断を下しています。
・・・つまり、不起訴という事実を隠蔽して、捜査継続中ということを故意に書いたことも考えられます。これは極めて重大な名誉毀損です。
(引用ここまで)

この抗議文の日付は2011年9月3日、それ以前の8月26日に外国為替管理法違反の罰金刑が言い渡され、その後、上記のように起訴され、有罪判決が出されています。
・・・つまり、罰金刑という事実を隠蔽して、不起訴ということを故意に書いた・・・
日本の本部は韓国側の情報を鵜呑みにせず、独自で情報収集をしたらどうでしょうか。

事実3:ヨイドパークワン訴訟は、一審二審ともに統一財団の敗訴。上告が棄却されれば、財団総資産に匹敵する損害賠償が待っている

(1)本審「地上権設定登記無効の訴訟」
一審:2011.7.20 敗訴(棄却)
二審:2012.8. 1 敗訴(控訴棄却)
三審:(上告中)

・・・統一教財団がY22と締結した地上権設定契約が無効と主張しており、
主張の主旨は、①反社会秩序の法律行為、②代表権の濫用、③主務官庁の許可無し、というもの。このうち、①と②は、原告側の元理事長だった郭先生の背任行為を主張するものであるが、判決文の中で、

・2005.5.30 当時、理事長は文国進の意志に基づいて5.27に就任した安ジンソンだった点、
・2005.5.29 理事会で最終契約案が全員一致で可決されている点、
・2006.4.24 文鮮明総裁が文国進にこの土地の開発業務にこれ以上関与しないように指示していた点、
・賃貸借契約上の賃料を公示地価の5%(修正前は3.3%)又は営業収益の13.63%のうち高い金額に締結(修正)された点、
・2007.2.7 文国進理事長が原告を代表して上記修正に係る登記を申請した点、
・2008.2.18 文国進は原告を代表して土地開発で搬出される土砂類について20億ウォンの支給を受ける契約を締結した点、

等が認定され、反社会秩序の法律行為に当たらない、郭先生が統一財団に不利益をもたらしたとは認定できない、すなわち、背任行為に当たらないと認定しています。

また、③については、主務官庁の文化体育観光部の許可なしで財団法人の宗教団体の基本財産に地上権を設定した行為は無効かどうか、つまり、
統一教財団が(自分で)許可を得てすべき契約を(自分が)許可を得ずに契約してしまったので、その契約に基づく地上権設定行為(自分の行為)は無効だというものですが、
判決文では、地上権設定契約は土地の所有権に変動が無く、財団の定款変更を要するような法律行為ではないので、主務官庁の許可は不要であると認定しています。

「2005年の地上権設定、2007年の工事開始以来、3年以上何の異議も提起しないでいて、2010年末に至って突然、地上権契約の無効を主張することはまったく理解できないこと」
http://ameblo.jp/truetradition/entry-10964766089.html

(2)仮処分申請「地上権など処分禁止仮処分(仮差押え)」申請
一審:2011.2.21 敗訴(棄却)
二審:2011.8.5 敗訴(棄却)

・・・地上権設定登記は無効だから地上部分を現状維持しろというものですが、本審が上記のような状況なので控訴しても認められる筈がありません。

ヨイド・パークワン・プロジェクトは、元々、金融危機の際に土地の所有権さえ失う可能性があった状況で、地上権設定によってその窮地を脱するのみならず、賃料による継続的な収益と世界宣教本部を得るという一挙両得にして起死回生のプロジェクトであったし、このような奇跡のプロジェクトを立ち上げるために東奔西走された立役者は、他ならぬ郭先生でした。全てお父様に報告・裁可を仰いで進められ、当時、お父様はとても喜ばれ、起工式にも参席されています。

ヨイド訴訟の最高裁への上告の棄却は時間の問題でしょう。なぜなら、最高裁では一審二審の審議に手続き上の不備がなかったか監査するだけであるうえ、一審と二審で判断が分かれた訳でもなく、二審判決前の昨年4月には、理事長(当時)自身が自爆ともとれる証言をしています。

ヨイド裁判公判における文國進理事長の驚くべき陳述
http://ameblo.jp/gildong/entry-11229634355.html

「契約書を見なかった。地上権設定契約であると分からなかった。」

ヨイド訴訟の上告が棄却されれば、統一教財団は、パークワン・プロジェクトの施行会社はもちろん、建設会社、銀行、投資会社などから損害賠償を請求され、その金額は財団総資産に匹敵すると見られています。

上記もさることながら、これ以外にも様々な事実があります。
はるか10年以上も前から統一家の支配をもくろみ、
人事を中心に周到に準備をしたうえで、

ヨイドパークワン略奪計画(デモ、訴訟により破綻させて買収疑惑)、
ソクチョ偽霊界メッセージ事件、遊天宮事件、
ワシントンタイムズ兵糧攻め略奪、米国教会クーデター、
南米土地問題とシンドンモの罠~異端者爆破者宣布文事件、
母を訴えたとマスコミに嘘を撒いたWTA事件、
牧会者のビデオ撮影署名強要、真の父母様宣布文及び署名強要、
アフリカ、ネパール、モンゴルでの国際会議妨害工作、
TM神格化画策聖婚式失敗事件(金婚式・偶像パレード強行)・・・

数え上げたら切りがない、これらの事件・謀略のタクトを振った方が、
今、全ての制度の頂点に立ち、それを日本食口の献金が支えている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。