基元節に対して準備ができていますか?

「真の家庭を愛する会からの受信メールを掲載します。」

愛する祝福中心家庭の皆様

基元節の日が近づく中で、教会からはその意義として「実体的天一国の始まり」であり「神様の夢、創造理想が完成、完結、完了する日」であると説明されながらも、現実的には一教団の主催する教団内での結婚儀式と聖酒を飲むことによる恩赦儀式になってしまっています。ただ説明としては「復帰摂理歴史を総体的に決算する最初で最後の、ただ一回だけの恩賜」であり、「神様が天地人真の父母様の3度目の聖婚式を通して地上に実体で顕現される日」であり、人類が「神様の子女として永遠に『生命録』に記録される日」と壮大な解説がされながら、その二度とない日に参加できるというチャンスを決して逃してはならない、という点が強調されています。

続きを読む

ブログ記事「金孝律氏の絶対的権力の果てに」より‏

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

1月20日の「全ての訴訟を停止せよ」というお母様の指示は「世界日報」誌にも掲載されましたが、その訴訟停止の鍵を握った人物とも言える金孝律氏が、お母様により現在教会内における最高権力を持つ立場に立たされました。

ところが、すでにお母様の指示から一週間以上過ぎた今、その指示が実行されているという話が全くきこえてきません。今こそ食口達は真実を知ることを恐れず、水面下の出来事にも関心を持ち、是は是、非は非として、食口としての責任を積極的に果たすべきだと思います。食口達が無関心であり続ける限り、お母様がどれほど危険な立場に立っていかれることになるのかを憂慮する声が上がってきています。

続きを読む

知られざる訴訟:「全ての訴訟を停止せよ」というお母様の指示は本当に遵守されるか?

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

お母様が「全ての訴訟を停止せよ」と指示されたことは希望ですが、韓国のヨイド訴訟にせよアメリカのUCI訴訟にせよ、訴訟を仕掛けている人々がお母様の指示にどこまで従うのかが問われます。ところが、多くの食口の目に隠れたところで進行中のまた一つの訴訟があります。その問題を指摘した記事をインターネットから紹介します。

続きを読む

最悪の基元節は延長するべき

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

基元節が近づく中で、このままの状態でその日を迎えることに対する憂慮の声が上がっています。1月20日の全国食口聨合礼拝で真のお母様が、国内外で不必要な訴訟を行っている者は全て悔い改めよ、とおっしゃり、全ての訴訟を停止することを指示されましたが、訴訟の停止は訴訟を起こした原告が取り下げるしかないので、その決定権を持った人々がその指示に対しどのように受け止めるかを見守らなければなりません。

インターネットに投稿されたある提言を、ご参考のためお伝えします。

続きを読む

現指導層に「後継者文亨進」を異端定罪する資格はあるか

「祝福中心家庭有志の声からの受信メールを掲載します。」

再び、日本ブログ村のブログ記事をお送りします。

続きを読む

新東亜1月号「人類は神の下の一家族、霊的大覚醒で世界平和!」

「真の家庭を愛する会からの受信メールを掲載します。」

愛する祝福中心家庭の皆様

新年明けましておめでとう御座います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

「ある日、イスラエルとパレスチナがお互いの手を取って永久に終戦を宣言し、韓半島が統一を成し、休戦ラインが無くなり、中東とアフリカの国々に民主政権が発足し、硝煙が消える日が来たら…。全世界に、国家間、民族間、宗教間の葛藤が消え、漂う難民がいなくなり、寒さに震える貧しい彼らを心から抱擁できる世の中が来たら…。そして、世の中全ての軍隊が解体され、全世界が神の下で一つの家族のように過ごす、そんな日が来たら…」

これは韓国の月刊誌である「新東亜」2013年1月号に特集された記事の冒頭部分です。昨年末にアトランタで行われたGPCを取材したチェ記者は、上述の内容を「夢のようなこと」と言及しながらも、その夢のようなことを現実に成し遂げるための「偉大な一歩」がはじまった、と評価しています。

選挙の報道に関心が持たれる中で、10ページの誌面を割いて報道された記事は世間の人々の関心の高さを反映していると思われます。長文ですが、平和への努力に対する社会の観点を理解するために、是非とも熟読してくださいますようにお願い致します。

それでは、皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。

真の家庭を愛する会

続きを読む