「真の父母様と真の家庭を守ろう!」:韓国統一食口協議会の叫び

「真の家庭を愛する会からの受信メールを掲載します。」

愛する食口の皆様

真の愛の実践こそが、全ての問題解決の道であるはずであり、神様の夢である「神様の下の一家族」の実現も、真の愛の実践によってのみ現実のものとなるはずです。真のお父様も、コディアックで「顯進も郭も怨讐ではない」と語られながら、天一国の世界に怨讐があってはならず、全てをために生きる真の愛の実践で克服し、消化してゆかれるお姿を再び示してくださいました。

それでも教会本部は、ヨイド裁判の完全敗訴にも拘らず、さらに危険な裁判である米国におけるUCIに対する告訴を断行し、今やこの裁判の持つ恐るべき危険性をよく理解される先輩、長老の方々を中心としながら、これ以上真の家庭を危険に曝してはならないと、立場や事情を超え、また、誰を支持し、誰を批判するかというような個人の傾向を超えた「良心の叫び」が上がってきております。

歴史的に、自己と意見を異にする人に「XX派」というレッテルを貼って批判し、押しやり、潰そうとするという実践がつねになされてきました。そのようにしてつくられた様々な壁を壊そうとしてお父様が開いてくださった道が、怨讐を愛で自然屈服させる「真の愛」の道であり、それこそがまた全ての食口が従っていくべき「原理的な」道ではないでしょうか。

ここにご紹介するのは、韓国の食口の間で起こっているそのような動きの一つです。今年5月に73人の発起人で創立され、現在325人の会員が参加している「食口協議会」における、ニュージーランドの国家メシヤと、サオトメ(アフリカ)の分捧王を兼任され、現在82歳になられる金顕哲先生による「協議会」創立に寄せた挨拶のことばです。

私たちは言うまでもなく、真の家庭全体を愛する食口の集まりです。但し現在の状況を見る時に、とりわけ一人の子女様である顯進様が、誤解に基づき、決して誰も干渉してはならない親子の関係を引き裂こうとする一部指導者達の道義に反する非原理的な工作により、不当な立場に追い込まれているという実情を認識する中で、真の家庭を真に愛する道を模索して参りました。

しかも、とうとうその問題が、真の父母様をも危険に追い込んでしまうような状況に発展してきた現状において、真の父母様を真に愛しているはずの私たち一人一人が、子女としてどのような責任分担を果たしていくのかということが問われております。誰か一人の食口が変わることが、谷底へと突進してゆく統一列車の方向を転換させることができるかもしれません。

皆様のご尽力と、ご健勝をお祈りいたします。

真の家庭を愛する会

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

神様のみ旨と真の愛実践の為の韓国統一教食口協議会創立に寄せて

http://cafe.daum.net/W-CARPKorea/eEpL/214

祝福家庭食口の皆様に捧げる挨拶のことば

尊敬し愛する全国の祝福家庭食口の皆さん!お元気ですか?

金顕哲です。私は1956年12月、統一教会に入教し、開拓教会に始まり、み旨の前線に立つ生涯を捧げつつ、真のご父母様の大海のような恩恵を受けて参りました。協会家庭局長など多くの公職に着いて活動し、現在はニュージーランド国家メシア、サオトメ(アフリカ)国家分封王職を引き受けておりますが、大きな実績を出すことができず、天の前にただ申し訳ない次第です。

私の年は今年で82歳になります。ひと昔であれば、もう霊界に行っている年です。しかし、神様が特別に健康を祝福して下さったことと、幼い頃から体操で身体を鍛錬し、常に運動するのが好きな習性なので、今でも健康に暮らしながら、最近は36家庭、同僚、友人、後輩たちと、過ぎ去った歳月について語りながら元気に過ごしています。

今日、私がこのようにペンをとったのは、去る2011年5月25日に、志のある多くの後輩たちによって設立された、神様のみ旨と真の愛実践の為の韓国統一教食口協議会(略称:食口協議会)で、私を共同代表9名の中の首席として推戴して下さり、全国食口の皆様にご挨拶を申し上げ、最近の私、金顕哲個人の悩みと、食口協議会首席共同代表としての悩み、食口協議会が進まなければならない道、そして食口の皆様の積極的な声援と協助を求めたいという切実な願いと同時に、天に向かう衷心が合わさった結果、このようにペンをとることになりました。

私が真のお父様にお仕えしみ旨の道を出発してから、いつの間にか60年になりました。私の観点から見ると今の時は、真のお父様が真の血統として後継ぎ構図を立てて行かれる時であると思います。後継ぎ構図を立てる時に重要なことは、真の血統の子女たちがお互いに尊重して、愛しあい、兄弟どうし固く団結して、真の家庭を破壊しようとする勢力を徹底的にくい止め、真の父母様のみ旨と一つになって、後継ぎ構図の時代を成功裏に開いて行かなければならないと思います。

ところがこの頃、統一家では、真の愛が満ちていたはずの教会で、批判講演だとか、忠誠誓約ビデオ撮影だとか、訴訟だとか言いながら、先日、全てのマスコミに、統一教版「王子の乱」という記事が見られるようになってからは、あまりのことに開いた口が塞がらず、息の根が詰まるようで眠ることができません。会社に勤める食口たちは全て泥棒だと主張しながら、教会はあらゆる葛藤と闘争で渦巻いており、真のご父母様の位相と食口の尊厳性は堕ちるところまで堕ち、汝矣島聖地開発訴訟の件で何千億ウォンの損失は火を見るよりも明らかだと言います。

弟たちはお兄さんに向かってサタンであり、堕落したアダムだと攻撃して、成長してゆく2世、3世たちにビジョンを見せることができず、暗黒天地となった統一家の闘いの終りはどこにあるのか陰鬱なばかりです。お兄さんがサタンならば、弟はサタンの弟になるはずであり、ご父母様はサタンの父母になるということではないですか?真のお父様が直接育ててこられた指導者たちを泥棒であると言って、陰湿な攻撃と工作をし、サタンとして刀で切り刻もうとしているというこの悽惨な現実!一体これをどのように理解すべきだというのですか?

私たちは、真のお父様が神様の召命を受けて、どのような生涯を生きて来られたのかをあまりにもよく知っております。神様の心情を推し量って、神様の事情と一つになりながら、胸が痛む心で神様のみ旨を果たして差し上げようと言われた燃える孝行心で、怨讐サタンまでも赦し愛さなければならないと真の愛を叫んで、為に生きる人生と自然屈服の原則を鉄則として守りながら生きて来られた真のお父様でいらっしゃいます。

真のお父様は90星霜が過ぎるように、日を追うごとに深めてきた天を慕う心の霊的背景と権威、人類を堕落の沼から救出しなければならないという信念、真の愛を教え実践しながら、個人の所有権もなく、ただ人類救援のためにのみ真の愛を実践徳目として利他的人生を生きて来られたという業績、

アダム家庭で成すことができなかった、人類最初の完成した家庭である真の家庭のモデルを、第3次アダムとして成し遂げるために模範路程を生きてきた生涯、人類救援のために正確なプロジェクトとロードマップ(road map)を設定して、具体的ビジョンを提示してくださったこと、これら全てが真のお父様の生涯路程であり、み旨の道であり、偉大なる業績として全人類が褒め称え、従って行くべき道ではありませんか?

ところで、ここ数年にわたり、統一教指導部の行いを見ながら、深い断崖をすぐにでも落ちてしてしまいそうで、あまりにも切なく心細い気持ちです。

真の家庭から始まった葛藤が、マスコミを通じてどんどん広がり、真のご父母様の側近として侍る幹部たちは偽りの報告を日常化し、真のお父様の判断を曇らせるようにして、真の父母様の主要決定事項が何の理由もなく繰り返し変更される現実、摂理意識も基本的信仰もなしに、ただ自己の位置を守って生き残ることだけにあくせくしている、道理のない幹部たちの非信仰と非常識的な行為が、
統一家全体に混沌と分裂をもたらしています。

愛する食口の皆様!

食口協議会で、共同代表9名の中で私を首席として推戴することに議決したと、受諾を要請してきた時、私は何回も遠慮しました。食口協議会の創立主旨と目的と必要性に対しては千回万回共感して理解はしていましたが、自分自身が多方面において不足であることをよく分かっているので、もっと能力のある若い人を立てて欲しいと言いました。

しかし、出発の時点の困難な点を話してくるので、一身を捨てて、統一家の全ての闘いを終わらせ、葛藤を解消して、真のご父母様に平安に侍ることができるようにするためならば、何が起こっても構わないという心で、食口協議会に長兄の立場で中心になり、垣根になり、踏み石にならなくてはいけないと決心しました。

食口協議会は73名の発起人で創立して、現在325名の会員が参加し、設立目的は人類のメシアであり、再臨主であり、救世主であられる真のご父母様を真の家庭の完成実体として保護し、真の家庭を破壊しようとする勢力を徹底的にくい止め、昨今の統一家の懸念問題を根源的に解決するためというものです。その間、多くの元老先輩たちが私にご意見を下さり、多数の正義ある食口たちが統一家の永遠大計を思って、本会議創立主旨に同意して下さったことを非常に有難く思っています。

今後行なわれる食口協議会の活動こそ、危機に処した真の父母様の家庭を救い、統一家を救い出すことでしょう。もちろん真の子女様の家庭を破壊しようとする勢力も清算するでしょう。食口の皆様が正確に知っておかれるべきことは、統一教会は財産を管理して増殖するのが目的ではなく、復帰摂理を担当した摂理の中心宗教として、真の愛で神様の国、「天一国を具体的に建設しなければならない」と言う事実です。

統一教会が摂理の中心宗教だという事実を忘れたら、あっという間に既成教会として転落してしまいます。神様のみ旨と摂理とは何らの関係がない宗教、教会従事者たちの生計と生活のための手段としての宗教、それ以上でも以下でもないということです。もし統一教会がそのように転落したら、復帰摂理を主導してこられた創造主であられる神様と真のご父母様の胸は詰まってしまうでしょう。

今や統一家は、真の父母様が教えて来られた統一家最高の価値である「真の愛の精神」を回復しなければなりません。昨今のすべての闘いを中止して、摂理の中心宗教としての位相を再び立てなければなりません。そのためには、真の家庭を破壊しても個人の職位と位置を守ろうとし、良心を棄てて不当な指示に盲従したすべての勢力は、人類と統一家と天地の前に悔い改めて新しく出発しなければなりません。

最後に、韓国財団と摂理的3人の御子女様たちと全国の食口の皆様にお願い申し上げます。韓国財団では、先日ソウル中央地方裁判所に申し立てた汝矣島聖地訴訟(地上権設定登記抹消など)の判決を尊重して、これ以上の無謀で実益のない訴訟は直ちに中止して、和合団結のために努力して下さればありがたいです。(これ以上統一家の公的資産が毀損されては絶対だめです)

また、摂理的に選ばれた3人の御子女様の家庭(文顯進、文国進、文亨進)は、今回の出来事がきっかけとなり生じた、何らかの恨みや葛藤があるとすれば、全て解いて固く団結し、真の家庭を破壊しようとする如何なる勢力の動きから徹底的に保護し、神様と真の父母様のみ旨成功のための後継ぎ構図を成功裏に開いて下さることをお願いします。

最後に、祝福家庭食口の皆様も、目的を達成するために手段と方法を選ばなかった上部の行為に振り回されないで、これからは神様と真の父母様のみ旨のために、真のご家庭を破壊しようとする勢力から保護する盾になる事において先頭に立ち、全体が勝利して全体が成功し、全体が共生できる方案を捜す事にお互い協力しましょう。

食口協議会は常に成約時代の真の主人であり、天一国の主人の立場で真の父母様と真の子女様と統一家のために祈り、協助することを考えつつ努力して参ります。ありがとうございました。

添付内容:創立主旨文1部

2011年8月1日

韓国統一教食口協議会首席共同代表金顕哲 敬具

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

韓国統一教食口協議会創立主旨文

私たちは、韓国統一教会の祝福家庭として、または食口として、神様を創造主として、真の父母様を人類のメシア、救世主、再臨主として信じ、その方の理念と思想、み言と教えを絶対的に信じ尊重して孝誠と忠誠をつくして保護しなければならない責務を深刻に受け止めている。

最近統一家では、摂理的責任感を放棄して、信仰的に考えることができない事件が氾濫している。特に真の父母様が摂理の中心人物として育て立てて来た多くの指導者たちを、あらゆる陰湿な攻撃と工作で追い出し、統一家を破滅へと追いやる行為を見て、これ以上堪えることができない義憤を強く感じるものである。

私たちはもはやこれ以上、真の父母様のみ言を黙殺して権威を失墜させる如何なる行為も受け入れてはならないと考え、食口が食口を、後輩が先輩を定罪する行為を激しく糾弾し、真の父母様の教えである真の愛を具体的に実践して、お互いにお互いを慕い、尊重しながら、食口一人一人をより一層大事にしながら、為に生きる生活を通じて心情文化世界を建設する事に、総力をあげて邁進することを確かめるものである。

神様の摂理歴史に進行された第1次世界大戦後の国際連盟、第2次世界大戦後の国連、第3次世界大戦(思想戦)後の世界政府の誕生を固く信じて、サタンの思想である共産主義を壊滅して真の父母様の実践理念である統一原理と頭翼思想で共生共栄共義の神主義によって、人類の永久的平和を主導する世界政府を創建しなければならないと固く信じるものである。

ひいては私たちは血統的真の子女様を本当に愛して尊重し、特に摂理的3人の御子女様たちが本当に勝利するよう祈り、情報を交換し、真の愛を実践する事に全精力を傾けて、真の愛の心情文化食口共同体を具現する事に全力投球しようとするものである。

2011年5月大韓民国ソウル

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。