「聖域」を侵す犯罪

「Pioneer! CARP Caféの投稿記事を掲載します。」

1、真の家庭のカイン・アベル?

教会側は、2008年4月6日、ハワイで行われた第49回真の父母の日で、お父様が顕進様がカインの立場に立たせたにもかかわらず、それを顕進様が受け入れないことが問題の根源だと主張する。

たとえば、アメリカ統一教会のジョシュア・コッター副会長は、「真の父母様の三男の顕進様は、1990年代に真の父母様の召命に応じて、アベルの立場に立って、私たちの運動の主なリーダーシップを取りました。…長男の孝進様はカインの立場の責任を担い、顕進様はアベルの立場を担いました。 2008年3月17日、孝進様が霊界に逝かれた日、真の子女様の責任が変わりました。それは、三週間後の2008年4月6日、『真の父母の日』にハワイのキング・ガーデンで真のお父様によって明確にされました。真のお父様は、顕進様にカインの立場に立つように、国進様にアベルの立場に立つように指示され、お二人がお母様を中心として一体となるように指示されました。」(2011年7月22日、真の父母様の権威に対抗するUCI問題に関する事実)と述べている。

ここには多くの疑問がある。

続きを読む

広告

第二のダンベリー事件

「Pioneer! CARP Caféの投稿記事を掲載します。」

1、ダンベリー事件

再びダンベリーの悪夢がよみがえろうとしている。それも同じように、愚かな弟子たちが原因である。

ダンベリー事件は、確かに宗教迫害であった。わずか7000ドルの税金を理由に、最悪でも罰金刑となるところを、偽証罪に引っ掛け、陰謀罪にまで拡大することによって、お父様を13ヶ月の実刑に処したのである。

しかし、もとはと言えば、愚かな弟子たちが原因となっていることも忘れてはならない。つまり、お父様がアメリカで活動される前に、派遣された宣教師によって、すでにアメリカ統一教会は合法的に設立されていたのである。当然のことながら、統一教会の銀行口座もあった。

ところが、P氏らがお父様に、「アメリカでは金持ちが尊敬されます」とアドバイスして、お父様名義の銀行口座を開設し、さまざまな教会活動に活用した。これの管理が法的に十分でなかったために、検察に付け入られることになったのである。

続きを読む

真の御家庭の夢:私たちは今のまま進んで行っていいのでしょうか?

「Pioneer! CARP Caféの投稿記事を掲載します。」

最近、様々な国の人と出会う中で、考えさせられる事がありました。出会った一人は、お父様が亡くなる時の事を2004年に夢で見た事がある人でした。お父様が、栄光と賞賛の中で霊界に行かれる夢かと思ったら、とても悲しく、真の御家庭を含めて、後悔の中にある人や全くの無感情の人などが見えた中で、顯進様の姿が見えず、嵐のような中、汽車がやって来て、その汽車に乗った人たちが難を免れる夢だったとの事でした。縁起でもない夢とあまり人には話さなかったそうです。正夢を見る人で、安侍日が始まる時にも、夢で教えられたとのことでした。

続きを読む

文顯進会長講演文集 「神様の夢の実現」 出版記念会でのみ言 (6/1/2011)

「Pioneer! CARP Caféの投稿記事を掲載します。」

祝福中心家庭に会ったのも随分久しぶりのようです。まるで数年間の長い旅行を終えて、ようやく家に帰って来た感じです。今日は非常に特別な日です。正に2年前にお父様の自变伝出版記念式があったその日です。私は信仰人としてこういうことは単なる偶然の一致とは思いません。天と、さらに言うなら運命までもが、何らかの意味と目的を持って動いているのです。

続きを読む

ヘリコプター事故直後の顯進様のメッセージ

「真の家庭を愛する会からの受信メールを掲載します。」

愛する食口の皆様、

顯進様の講演文集第3集を読まれた方々から、様々の反響が上がっております。

1988年のオリンピックに参加されるために、乗馬の訓練で忙しくしておられたころに、ベルベディアで語られたみ言葉から始まり、2008年の3月に真のお父様に捧げられた特別書信、同年7月に起こった突然のヘリコプター事故の後のみ言葉と、その二日後に行われた米国GPF大会での基調演説文に至るまで、どのような状況の変化やチャレンジにもかかわらず、一貫して流れるお父様に対する孝行心と熱い愛がほとばしっていることに気付かされます。

とりわけ、2008年8月に、顯進様が御父母様のヘリコプター事故の後、七・八節行事の場で、貴賓達を含む多くの食口達の前で語られた様子は、Youtubeにも掲載されておりますが、皆様ご覧になられたことがあるでしょうか? これは、日本語の翻訳が字幕で出てくるので、皆様も是非ご覧になっていただければと思います。(添付文参照、なお講演文集には全文が掲載されています。講演文集の特別価格での購入のお申し込みはこちらにご連絡下さい:HDHomeChurch@hotmail.com

続きを読む

問題の核心: 統一教と、天一国に先立つ審判 (by マイケル・マーシャル)

「真の家庭を愛する会からの受信メールを掲載します。」

統一運動内における現在の分裂の原因に関しての一つの説明は、顯進様と郭先生は、統一運動の行くべき方向性は、非宗派的、普遍的な方向へと向かうべきであり、その流れによれば統一教会は次第に姿を消していかなければならないと信じているので、家庭連合から統一教への後退に対して異議があった、という説明です。

私は、この点を突っ込んで考えれば問題の核心に近づくことができると信じます。お父様の働きが非教派的な方向へと前進して行かなければならないと考えるのは、顯進様や郭先生だけでなく、私や、私のような考え方をする多くの人々もそれに合意するはずです。そしてこれこそが把握すべき決定的なポイントであり、それは戦略的方向の選択とか、真の父母様のビジョンと教えを実現するための最も効果的な方法に対する議論などではありません。

私は、それがお父様の平和メッセージのみ言葉から響いて来る、その教えの核心であり、根本的な性格だと思います。そしてそれは、お父様の再臨主としての核心的使命の一部であると考えます。つまり、全ての人々が聖酒式を通してサタンの血統から分離し、真の父母様によって立てられた本然の真の神様の血統に自分自身とすべての後孫を接木させることにより、地上で神様の理想の世界である天一国に入ることのできる門を開くという使命のことです。

続きを読む

真の父母様に対する顯進様の孝行心と愛の研究

「Pioneer! CARP Caféの投稿記事を掲載します。」

顯進様の行動を非難する人が、様々な背後の事実関係と事実経過に関する情報に接する時に一旦は納得しても、どうしても理解できない点として執着し非難するのが、何故お父様が帰ってこいとおっしゃっているのを「無視」し、そのお父様の指示に「反抗」し続けるのか、という点ではないでしょうか。

つまり顯進様がどれだけ立派なことを話し、世界的に大統領クラスを相手にしつつ、大規模な超宗教平和運動を推進したりしていることがたとえどんなに「希望的」な事実である(ように見える)としても、「摂理の中心」であるお父様を無視し、お父様に反抗している限りは、その行動は全く無意味であり、無価値であるという見解です。[見解1]

しかも、その見解に更に感情的な要素が追加され、そのようにお父様を「無視」し、「反抗」している顯進様は、「自己中心」であり、お父様を「愛して」おらず、嫉妬心や権力欲などの「堕落性」に基づいて行動している、という、食口達の感情の琴線に触れるようなポイントが追加されます。

続きを読む